TitanFX(タイタンFX)口座開設と本人確認方法【リアル口座・追加口座・デモ口座対応版】

TitanFXの口座開設方法を手順の最初から丁寧に

人気の海外FX業者TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法を解説します。

必要な時間は、口座開設に5分程度、本人確認書類の提出に10分程度です。

本人確認書類の提出は後からでもできますので、まずはTitanFXの口座開設だけを行って、書類の提出は後日にしても大丈夫です。

この記事では、TitanFXの口座開設方法について図を使いながら解説します。ぜひお役立てください。

→ TitanFXの口座開設を始める

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法

TitanFXは海外の業者ですが、公式サイトは日本語化され、サポートも日本語で対応してくれます。

英語ができなくても何も問題ありません。安心して口座開設を進められます。

まずは、TitanFXの口座開設フォームを開きましょう。

→ TitanFXの口座開設フォームはこちら

クライアントキャビネット情報について入力

クライアントキャビネット情報を登録する

名前:下の名前をアルファベットで入力します(例 Ryoma)

姓:名字をアルファベットで入力します(例 Sakamoto)

メールアドレス:TitanFXからのメールを受信するためのメールアドレスを入力します。間違っていると大切なメールを受信できなくなり、口座開設も完了できませんので、正しいメールアドレスを入力してください

もし、あなたがすでにbitwallet(ビットウォレット)の口座を持っているなら、bitwalletに登録しているメールアドレスと同じメールアドレスをTitanFXに登録すると、入出金の際に便利です

生年月日:ご自分の生年月日を、日/月/年の順で入力します(1995年1月8日の場合、08/01/1995と入力します)

TitanFXをどこで知りましたか?:TitanFXを知ったきっかけを入力します(例 WEB広告、ブログなど)

クライアントキャビネットのパスワード:TitanFXの会員ページ『クライアントキャビネット』のパスワードを作成して入力します。お金の管理もこの『クライアントキャビネット』で行いますので、簡単に推測されないパスワードにしてください

パスワードは以下の条件を満たしている必要があります
・すべてアルファベットや数字
・英語の大文字1文字
・英語の小文字1文字
・数字1つ
・最低7文字以上
また、パスワードは必ず保管しておいてください。TitanFXからのメールに書かれていたりすることはありません。ここで保管を忘れると、クライアントキャビネットに入れなくなり、パスワード再設定などの余計な手間が増えます。

連絡先情報について入力

連絡先情報を登録する

国:お住いの国を英語で入力します(例 Japan)

国番号:日本にお住いの場合は、(+81)を選択します。これは、国際電話をかける際に電話番号の先頭に付ける番号です

電話番号:先頭の”0″を省略して入力します(例 090-xxxx-xxxxの場合、90xxxxxxxxと入力します。ハイフン”-“は入力しません)

住所について
住所も英語表記で入力します。日本語で書かれた住所を英語表記に変換するのは、JuDressというサイトを利用すると便利です。なお、必ず『実用的に変換』を使用して、変換後の表記に間違いがないかを確認してください。
>>JuDressのサイトはこちら

市区町村以降の住所:例 『赤坂1-1-1 赤坂アパート101』の場合、”#101, 1-1-1, Akasaka”と入力します

市区町村:例 『港区』の場合、”Minato-ku”と入力します

都道府県:例 『東京都』の場合、”Tokyo”と入力します

郵便番号:例 1070052 ハイフン”-“は入力しません

取引口座について入力

取引口座情報を登録する

プラットフォームタイプ:MT5かMT4のいずれかを選択します

MT5とMT4、どちらが良いのか?
・MT4は、オリジナル・インジケータやEAの種類が豊富です。インジケータやEAの中にはMT4にしか対応していないものも多いので、使用したいインジケータやEAがMT4のみ対応の場合はMT4を選択してください。
・MT5は、MT4より動作が軽快で、時間足も21種類から選択できます(MT4は9種類)。オリジナル・インジケータやEAを使用せず、スキャルピングなどの短期売買を行う場合はMT5の方が向いています。

口座タイプ:『スタンダード』と『ブレード』から選択します

口座タイプはどちらが良いのか?
>>何か特別な理由がない限り『ブレード』がお勧めです。
・『スタンダード』も『ブレード』も、トレード環境(値動きなど)に特に違いはありません
・『ブレード』は、スプレッドの他に手数料がかかります
・『スタンダード』は、手数料は不要で、スプレッドのみの負担です
・トレードにかかる費用は、『ブレード』の”スプレッド+手数料”と『スタンダード』の”スプレッド”を比較すると、『ブレード』の方が安く済みます
>>TitanFXのスプレッドと手数料についてはこちらの記事もどうぞ

レバレッジ:お好きなレバレッジを選択します(500倍なら1:500)

レバレッジは何倍が良いのか?
>>何か特別な理由がない限り、1:500がお勧めです。
500倍を選択しておけば少ない証拠金で大きなポジションを持てます。通常時はポジション数(ロット数)を少なくして余裕を持ったトレードをして、チャンスだと思ったらポジション数を増やすというトレードが可能です。
また、口座開設した後にレバレッジを変更する場合、レバレッジを下げるのは簡単にできますが、上げるのはTitanFXにメールで連絡して処理してもらう必要があります。手間を考えると、最初から500倍にしておいた方が楽です。
>>TitanFXのレバレッジについてはこちらの記事をどうぞ

基本通貨:開設する口座の基本通貨を選択します。

入力が終わったら利用規約などを確認し、チェックボックスにチェックを入れて、『口座開設』ボタンを押してください。

何も問題がなければ、以下の画面が表示されます。

登録確認画面

TitanFXからのメールを確認

登録したメールアドレス宛にTitanFXから口座開設の確認メールが届いています。

もしもTitanFXからの確認メールが届かない場合は、ご自分の迷惑メールフォルダも確認してください。
それでも見当たらない場合は、上記の『ご登録ありがとうございます。』と書かれた画面からメールの再送信が可能です。

TitanFXからの口座開設確認メール1通目

メール内にある 『確認』ボタンを押します。

以下の画面が表示されたら、TitanFXの口座開設が完了です。

メールアドレス確認完了画面

『クライアントキャビネット』ボタンを押すと、あなた専用のクライアントキャビネット(会員ページ)が表示されます。

TitanFXに口座開設する

TitanFX(タイタンFX)に本人確認書類を提出

TitanFXに口座開設できたので、次は身分証明書と現住所証明書類を提出します。

身分証明書と現住所証明書類を提出して承認されないと入金できませんのでお気を付けください。

身分証明書は、以下の3種類のから1つを準備してください。

  1. パスポート
  2. 運転免許証
  3. マイナンバーカード

現住所証明書類は、以下のうちから1つを準備してください。なお、いずれも発行から3か月以内のものを準備してください。

  1. 住民票
  2. 公共料金の請求書(ガス、電気、水道)
  3. 銀行、カードの利用明細書

クライアントキャビネットで本人確認書類の提出をする

口座開設時に登録したメールアドレスとパスワードを使ってTitanFXのクライアントキャビネットにログインします。

TitanFXクライアントキャビネットログイン画面

パスワードを忘れた場合、『パスワードを忘れました』を押して、表示される指示に従ってパスワードを再設定してください。

クライアントキャビネットにログインすると、『TitanFXでの口座開設を始めましょう』という画面が表示されます。

本人確認の開始画面

『ご本人様確認を開始する』ボタンを押して身分証明書や現住所証明書類の提出を開始します。

セキュリティ情報と設定について入力

セキュリティ情報と設定画面

秘密の質問・秘密の質問の答え:ログイン情報を紛失した際に本人確認に使います。質問と答えは忘れずにメモなどして保存しておいてください

雇用業種・雇用形態:ご自身の雇用業種や雇用形態に最も近いものを選択します

投資額・投資期間:あくまでも予定ですので、ここに記入した通りにしなければならないということはありません。

すべての選択と入力を終えたら、『次へ』ボタンを押します。

身分証明書の選択と提出

TitanFXに提出する身分証明書を選択します。

TitanFXに提出する身分証明書の選択

今回は、運転免許証を使用する場合を例に解説します。

『次へ』ボタンを押すと、身分証明書に書かれた情報を入力する画面が表示されます。入力することに抵抗があるかもしれませんが、どのみち、これから身分証明書のコピーを提出するのですから、口座開設を進めるために入力してください。

TitanFXに提出する身分証明書情報の入力

『次へ』ボタンを押すと、身分証明書の提出方法が解説された画面が表示されます。

身分証明書の提出方法の解説画面

TitanFXへの身分証明書の提出は、PCやスマホなどに搭載されたカメラを使ってリアルタイムに撮影して行います(Shufti Proというサービスを使います)。

私がTitanFXに口座開設したときは、最初に身分証明書の撮影を行い、次に自分の顔の撮影を行いました。

特に、身分証明書は、文字が読み取れるように撮影を行ってください。

現住所証明書類の提出

最後の手順です。現住所証明書類のコピーを提出します。

TitanFXに現住所証明書類を提出する

『ファイルを選択し、アップロードする』ボタンを押して、ファイルを選択してください。

『次へ』ボタンを押すと、何も問題がなければ、以下のような画面が表示されます。

現住所証明書類のアップロード完了画面

さらに『次へ』ボタンを押すと、以下のような画面が表示されます。

承認手続き完了までお待ちください

承認処理が完了するまで、1営業日程度(土日を除く平日1日程度)かかります。

承認処理が終わり、口座開設が完了すると、TitanFXから以下のようなメールが届きます。

TitanFXからの口座開設および本人確認完了メール

これで、TitanFXの口座開設が完了しました。

TitanFXの口座開設を始める

TitanFXでのトレードに使用するMT4のダウンロードから初期設定方法は、以下の記事で解説しています。ぜひご参考にしてください。
>>MT4のダウンロードから初期設定方法
TitanFXでは、本人確認が完了すると、入金ができるようになります。
>>各入金方法の解説はこちらの記事をご覧ください

TitanFX(タイタンFX)で追加口座開設をする方法

TitanFXでは、一人6口座(新規口座1つ+追加口座5つ)まで開設できます。

追加口座開設は、クライアントキャビネットから行い、ほんの数分程度で完了します。

本人確認なども必要なく、簡単な申し込みフォームに記載して送信すれば、数分以内に追加口座が開設されます。

→ TitanFXのクライアントキャビネットはこちら(公式サイト)

クライアントキャビネットから追加口座開設を申請

TitanFXのクライアントキャビネットに、『追加口座の開設』ボタン『追加口座の開設』ボタンがあります。これを押してください。

画面に『追加口座を申請する』というフォームが表示されます。

TitanFXの追加口座開設申請フォーム

『口座タイプ』『レバレッジ』『基本通貨』は、それぞれ希望の条件を選択してください。

『Titan FX IB……』の選択肢は『いいえ』を選択します。

『口座開設』ボタンを押します。

画面に『手続き完了、口座開設完了』という内容の表示がされたら、TitanFXの追加口座開設が完了です。

7口座以上を保有するには

TitanFXでは、一人6口座まで口座を保有できます。

では、7口座以上は保有できないのでしょうか?

実は、条件を満たせば、7口座以上を保有できるのです。

その条件は、現在保有している口座の合計残高が6,000USD相当以上であること。

この条件をクリアしているなら、TitanFXのバックオフィスチームに申請すれば、7口座目を開設できるかもしれません(審査があるので、必ず開設できるとは言い切れませんが)。

TitanFXのバックオフィスチームへの連絡先は、 backoffie@titanfx.comです。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座開設方法

TitanFXでは、デモ口座を開設して本番同様の環境でトレード練習することができます。

リアル口座と同じトレードシステム(MT4)を使用して、実際のレートと同様のレートで練習できるので、トレード初心者の方や、新しいトレード技法を学んで試してみたい方などはデモ口座を利用すると良いでしょう。

デモ口座開設の申請をする

TitanFXの公式サイトに行きましょう。

>>TitanFX公式サイトはこちら

TitanFXの公式サイトにある『デモ口座開設』ボタンを押します。

TitanFX公式サイトトップページでデモ口座開設ボタンを押す

『デモ口座開設』ボタンを押すと、TitanFXのデモ口座開設申請フォームが表示されます。

申請フォームは英語で入力します。日本語(全角文字)ではエラーになりますのでお気を付けください。

TitanFXのデモ口座開設申請フォーム

すでにTitanFXのリアル口座を開設している方やこれからリアル口座を開設する予定の方は、ここで入力する情報は、リアル口座開設時に登録した(または、登録する予定の)情報と同じにすると、デモ口座の利用期限延長の手続きがスムーズに行えます。

TitanFXからのメールを確認し、MT4をダウンロード

デモ口座開設の申請フォームで『送信』ボタンを押すと、登録したメールアドレス宛にTitanFXからメールが届きます。

このメールには、取引プラットフォームMT4のダウンロードページへのリンクや、MT4の初期設定の手順が書かれています。

TitanFXからのデモ口座開設完了案内メール

メールに書かれている『こちら』を押すと、TitanFX用のMT4ダウンロードページに飛びます。

このページでは、MT4のダウンロードはもちろん、MT4の初期設定の手順も書かれているので、参考にしてください。

TitanFX用MT4ダウンロードページ

TitanFXデモ口座の利用期限

TitanFXのデモ口座には利用期限があります。

デモ口座のみの開設者は30日間。ただし、期限が切れても新しいデモ口座を開設できます。

なお、期限が切れた後、新しいデモ口座を開設した場合、期限が切れた口座の各種設定は引き継げませんので、また最初から設定しなおすことになります。

一方、デモ口座を無期限で利用することもできます。リアル口座を開設すれば、デモ口座を無期限で利用できるのです。

デモ口座を無期限化するためには、デモ口座の有効期限が切れる前にリアル口座を開設して、TitanFXサポートに連絡します(サポート連絡先:support.jp@titanfx.com)。

無期限化を申請するメールには、以下の項目を必ず記入してください。

  • ライブ口座番号
  • フルネーム(アルファベット)
  • 登録Eメール
  • デモ口座番号

こちらの記事もどうぞ

>>TitanFX入金方法まとめ

>>TitanFXの出金方法まとめ

>>TitanFX用MT4のダウンロード・ログイン

>>TitanFXのスワップポイント確認と計算方法

>>TitanFXのレバレッジ規制および確認/変更方法

>>TitanFXのスプレッド

>>TitanFXのメールアドレス変更・住所変更方法

タイトルとURLをコピーしました