FXGTデモ口座の申請方法|為替も仮想通貨も取引練習できる!

FXGTのデモ口座の申請は、以下の2ステップで行います。

  1. クライアントポータル(会員ページ)の作成
  2. クライアントポータルでデモ口座の申請

デモ口座の申請後は、取引プラットフォーム(MT5)の設定に慣れている方なら数分でデモトレードを開始できます。

FXGTなら、1つのデモ口座で為替も仮想通貨(暗号通貨)もその他の商品もトレード練習可能です。

仮想通貨は土日もトレード練習できるので、平日は忙しいという方も土日に練習してみてはいかがでしょうか?

→ FXGTのデモ口座を作成する!

FXGTデモ口座の申請方法

FXGTのデモ口座は、まず、クライアントポータル(会員ページ)を作成することから始めます。クライアントポータルにログインするとデモ口座の申請ができるので、指示通りに手続きすると、数分程度でデモ口座の作成が完了します。

では、FXGTのデモ口座の申請・作成方法を解説します。

手順1 FXGTクライアントポータルを作成する

FXGTの公式サイトを開いたら、クライアントポータル(会員ページ)の作成に必要な情報を入力しましょう。

>>FXGT公式サイトの登録申請フォームはこちら

ここで作成するクライアントポータルは、リアル口座でも同じものを使用します。氏名やメールアドレスなどの情報をデタラメに入力すると、リアル口座に移行する際に大変面倒な手続きをすることになるので、正確な情報を入力してください。

FXGTクライアントポータル申請フォーム

氏名あなたの氏名を半角ローマ字で入力します
(例 Taro Yamada)
メールアドレスFXGTからのメールを受け取るためのメールアドレスを入力します
パスワードクライアントポータルにログインするためのパスワードです
居住国日本ならJapanを選択します
同意利用規約を確認したら、クリックしてチェックします
私はロボットではありませんクリックしてチェックします

全ての入力を終えたら、『登録』ボタンを押してください。

手順2 メール認証を行う

入力内容に問題がなければ、FXGTから確認メールが届きます。なお、入力内容に問題がある場合はその旨が画面に表示されますので確認して訂正してください。

FXGTからのメールが届かない場合は、ご自分の迷惑メールフォルダも確認してください。

FXGTからの申請確認メール

『クリックして認証』ボタンをクリックします。

このボタンの有効期限は2日間です。2日間が過ぎてしまった場合は、最初からもう一度、クライアントポータルの作成をやり直してください。

手順3 クライアントポータルにログインする

FXGTのメール認証完了画面

メールに書かれたボタンをクリックすると、上図のような画面が表示されます。

『ログインページに移動する』ボタンをクリックしてください。

FXGTのログイン画面

FXGTのクライアントポータルへのログイン画面が表示されます。

『登録したメールアドレス』と『登録したパスワード』を入力して、『ログイン』ボタンを押すと、あなた専用のクライアントポータルにログインできます。

手順4 デモ口座の申請をする

クライアントポータルの上部に歯車の形をしたボタンがあります。これを押すと『口座 開設』メニューが表示されるので選択してください。

FXGTクライアントポータルのMT5ボタン

『ライブ口座』と『デモ口座』を選択する画面が表示されますので『デモ口座』を選択してください。

FXGTのデモ口座選択画面

口座タイプを選択する画面が表示されます。おすすめは『Standard+』です。『Standard+』は最大レバレッジ1000倍で為替FXも仮想通貨(暗号資産)CFDも取引できる、FXGTの良いところを集めた口座です。

FXGTのMT5口座タイプを選択

次に、証拠金として使用したい通貨(口座残高に使用したい通貨)を選択します。

FXGTデモ口座の通貨選択画面

次の画面では、レバレッジを選択します。選択したら、『進める』ボタンを押してください。

FXGTライブ口座のレバレッジ選択画面

デモ口座の情報が表示されます。登録したメールアドレス宛に『ログイン情報が記載されたメール』が届いているので確認してください。

FXGTからのメールが届いていない場合は、ご自分の『迷惑メールフォルダ』も確認してください。

FXGTデモ口座の作成完了画面

表示されている画面の『次に行うこと』にあるボタン『Windows』『Android』『iOS』『ウェブ』から、MT5を使用する環境を選択してください。例えば、AndroidスマホでMT5を使用する場合は『Android』を選択します。

選択すると、MT5のダウンロードが始まります。

手順5 MT5をダウンロード・初期設定する

MT5のダウンロードが完了したら、インストールを行います。

ダウンロードしたファイルを開くと自動的にインストールが始まるので、表示される指示に従ってインストールを進めてください。

インストールが終わるとMT5が起動します。起動直後は、MetaQuotesという会社(MT5を開発・運営している会社です)のサーバーにログインしています。FXGTのデモ口座にログインしましょう。

まず、MT5の上部にある『ファイル』メニューを開き、『デモ口座を開く』を選択します。

FXGT用MT5のデモ口座を開くメニュー

次に表示される画面では、

  1. テキストボックスに『FXGT』と入力
  2. 『証券会社を探す』ボタンを押す
  3. 『360 Degrees Market Ltd』を選択
  4. 『次へ』ボタンを押す

の手順で進めます。

FXGT用MT5の証券会社選択画面

次の画面では、ログイン情報を登録します。

ログイン:FXGTからのメールに書かれているログインIDを入力
パスワード:FXGTからのメールに書かれているパスワードを入力
サーバ:FXGTからのメールの『デモ口座』に書かれているサーバ名を選択

最後に、『完了』ボタンを押します。

FXGT用MT5のログイン情報入力画面

MT5へのログインに成功すると、MT5画面の右下辺りに数字が表示されます(例FXGT用MT5の通信速度表示

これで、MT5へのログインが完了しました。

→ FXGTのデモ口座を作成する!

FXGTデモ口座のよくある質問

ここからは、FXGTのデモ口座についてよくある質問をまとめます。

気になる項目がありましたらクリック/タップしてください。回答が表示されます。

FXGTデモ口座の期限は、『最後にログインした日から2か月』です。2か月間ログインもせずに放置すると凍結されますのでご注意ください。
デモ口座の残高は、クライアントポータルで補充できます。クライアントポータル上部の『MT5』メニューを選択し、『デモ』を選択すると、保有しているデモ口座の一覧が表示されます。残高を補充したい口座の右側にある『…』を選択すると表示されるメニューから『テスト資金を追加』を選択してください。
FXGTクライアントポータルのデモ口座残高補充メニュー
デモ口座のレバレッジは、クライアントポータルで変更できます。クライアントポータル上部の『MT5』メニューを選択し、『デモ』を選択すると、保有しているデモ口座の一覧が表示されます。レバレッジを変更したい口座の右側にある『…』を選択すると表示されるメニューから『レバレッジ変更』を選択してください。
FXGTクライアントポータルのデモ口座レバレッジ変更メニュー
FXGTのデモ口座は、通貨ごとに1つの口座を保有できます。例えば、証拠金が日本円の口座は1つまで。他に、ビットコインの口座を1つ、米ドルの口座を1つ、……、という具合に、1通貨1口座を保有可能です。
FXGTでは、デモ口座とリアル口座の違いは『本物のお金を使うかどうか』のみです。配信レートや取引可能な通貨などに違いはありません。

→ FXGTのデモ口座を作成する!

こちらの記事もどうぞ

>>FXGTリアル口座(ライブ口座)の登録方法

タイトルとURLをコピーしました